TOP 産科 妊婦健診

妊婦健診妊婦健診

TOP 産科 妊婦健診

当院はアットホームで温かい雰囲気を大事にしています。
私たちが全力でサポートいたしますので、安心して出産に向けて準備を整えていきましょう。

妊娠初期(~妊娠11週ごろ)

  • 妊娠11週頃まで2週間に1回

妊娠がわかったら、2週間おきに診察します。
妊娠10週(妊娠3ヶ月の半ば)頃に
母子手帳交付に必要な書類をお渡しします。

妊娠初期(~妊娠11週ごろ)

妊娠中期~後期(妊娠12週ごろ)

  • 妊娠30週頃まで4週間(1ヵ月)に1回
  • 妊娠35週頃まで 2週間に1回
  • 妊娠36週頃から1週間に1回
  • 妊娠40週頃から医師の指定する日

異常がなくても、定められた妊婦健診は受けましょう。

妊娠中期~後期(妊娠12週ごろ)

妊婦健診の費用について

妊婦健診
(お住いの市町村の受診票をお持ちの方は、
費用の一部が公費負担されます。)
¥5,000

妊婦健診の公費補助について

当院の妊婦健診基本料金は5,000円ですが、公費助成の対象となっております。市町村交付の妊婦一般健康診査の受診票をご利用の場合、当院窓口では公費助成金との差額の0~1,000円程度をお支払いください。週数によって健診内容や公費助成額が違いますので詳しくは当院スタッフにお尋ねください。(他の検査や処置をした場合は別途費用がかかります。)

詳しくは、下記ホームページをご覧ください。
松山市ホームページ / 公費負担妊婦一般健康診査の時期と内容
https://www.city.matsuyama.ehime.jp/kurashi/iryo/bosikenko/ninpuippankenshin.html

  • 松山市の妊婦検診の公費助成回数は現在のところ14回あります。
  • 母子手帳を交付された際に配布される受診票をご利用下さい。妊娠週数によって公費助成額・健診内容が異なります。
  • 県外から里帰りされる方は、申請に領収書(原本)が必要ですので、必ず領収書を大切に保管しておいてください。領収書の再発行はできません。
  • その他の地域の方は、各市町村のHPでご確認下さい。

各種検査について

妊娠健診時に受けておいた方がよい検査として・HIV(エイズ)検査・B群溶連菌(GBS)検査・クラミジア検査があります。

HIV(エイズ)検査

HIVは日本で増加しています。陽性のときは母体の治療はもちろんですが、おなかの赤ちゃんに感染(母子感染)しないように、防御処置(出産は帝王切開、赤ちゃんに薬投与で母子感染を防ぐ)が必要です。HIV検査は、法律で患者の同意を得ないとできません。検査(採血)は、医師が確認してから行います。

B群溶連菌(GBS)検査

母体の膣内にB群溶連菌がいると、分娩時に赤ちゃんに感染(産道感染)して肺炎や敗血症などの重篤な感染症を起こすことがあります。事前に抗生物質の投与(内服や注射)で感染を防ぐことができます。妊娠後半(妊娠32~36週頃)に、膣分泌物を培養して検査します。

クラミジア検査

クラミジアに感染していると、分娩時に赤ちゃんに感染(産道感染)して結膜炎や肺炎を起こすことがあります。もし、妊娠中に感染していても、出産までに治療(抗生物質の内服)すれば問題ありません。膣分泌物を採取して行います。

上記検査は、妊婦健診時に医師が患者様に確認してから行います。わからないことは、お気軽に当院スタッフにお尋ね下さい。

当院の妊婦健診では、4Dエコーでお腹の赤ちゃんの様子を見ることができます。

4Dエコーについて

詳細へ

診察時間のご案内 Information

診察時間
9:00 〜 12:00
14:00 〜 18:00 13:00-
15:00

休診日:日曜日・祝祭日※土曜午後は13:00〜15:00まで。

予約は不要です。お気軽にご来院ください。 089-924-3553

診察時間変更のお知らせ

詳細へ

アクセス Access

〒790-0821
愛媛県松山市木屋町1丁目5-14

駐車場などアクセス情報

詳細へ
武田産婦人科