TOP 婦人科のご案内

婦人科のご案内婦人科のご案内

TOP 婦人科のご案内

子宮頸がん・子宮がん

現在の医学統計上、がん検診は理想的には6ヶ月に1度ですが、最低1年に1度はがん検診を受けることが望ましいと言われています。婦人科のがんは若い年齢(10代)でも発症の可能性があります。早期発見のため定期的に健診を受けるようにしましょう。

子宮頸がん

がん細胞が子宮頸部に発生します。20代後半から40代に多いです。
初期では症状がありません。がんが少し進行するとはじめの症状としては、月経でない時の出血、性行為の際の出血やふだんと違うおりものが増えたりします。
他に月経の量が増えたり長引いたりすることもあります。

子宮体がん

がん細胞が子宮体部に発生します。閉経頃から多くなります。
最も普通に認められる症状は出血です。特に閉経後に少量ずつ長く続く出血がある時は、早めに婦人科あるいは検診を受診し、子宮体がんの検査を受ける必要があります。
検診などで子宮がんの検査という場合、子宮頸がんのみの検査を指すこともあるので注意が必要です。

卵巣腫瘍

卵巣部分が大きく腫れ上がる病気です。良性のものと悪性(がん)のものがあります。
初期にはほとんど症状はありません。腫瘍がまだ大きくならないうちは、検診などで婦人科の診察を受けた時に偶然、内診や超音波検査で発見されることもあります。 腫瘍が大きくなると下腹部にしこりが触れたり圧迫感があったり、あるいは膀胱が圧迫されて尿が近くなるなどの症状があり、そのような症状で婦人科を受診して腫瘍に気づく事があります。

子宮頸がん予防ワクチン

当院では、英・グラクソ・スミスクライン社のサーバリックス(注射)とガターシルを使用しています。
接種は、1回15,000円(税別)で3回の接種が必要です。(要予約)
希望される方は診察時に院長にご相談下さい。

助成金について

松山市ホームページ(子宮がん検診)
広報まつやま

女性のカラダの不調

おりものとかゆみは婦人科を受診する女性の中で非常に多い症状の一つです。
両方訴える方もありますし、片方だけの方もあります。特におりものは個人差があり、体臭などと同じように異常のないのに体質的に多い方も決して少なくありません。正常でもおりものは変化します。生埋が順調な方では生理が始まって2週間位の時期に透明な粘箱性のおりもの(卵の白身のような)が数日続きます。これは排卵の時期でもあり正常な症状です。ちなみにこの時期に軽い下腹痛や少量の出血を訴える方もおります。そして生理が始まる前の1週間位はうす黄色いおりものが少し増えてきます。分娩した方は以前よりおりものが多くなったなどと申します。
おりもの・かゆみの異常は、性病の可能性もあります。なにか普段と違うと思われましたら、一度お問い合わせください。

かゆみ・おりもの
避妊のポイント

精子は卵管を通り、卵管膨大部という場所で排卵された卵子と出会います。通常、精子の寿命は約3日、卵子の寿命は約1日です。したがって、排卵日の3日前~1日後は、特に妊娠する可能性が高い時期といえます。
このことから、以下が避妊のポイントとして挙げられます。

1.排卵させない
2.受精卵を着床させない
3.精子の進入を防ぐ
4.侵入した精子を殺す
5.月経の初日から、基礎体温が高温期に移行してから2日経つまではセックスしない

「基礎体温で排卵日がわかる」とよく言われますが、実際には体温が低温から高温へ移行した前後3日くらいの間に「排卵があった」とわかるだけです。次の排卵日を前もって知ることはできません。あくまで、基礎体温の記録は自分のからだのリズムを知るためのものです。避妊に対して有効ではありませんので、ご注意ください。

アフターピルの処方

避妊に失敗した場合に、72時間以内に中用量ピルを2錠、さらに12時間後に2錠服用して妊娠を回避する方法です。問診をして、方法と副作用を説明してから薬を処方しています。
また、通常の低用量ピルも処方しています。

生理不順

子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が原因のこともありますが、たいていは、心身のストレスや環境の変化が引き金になって、ホルモンの分泌が乱れるのが原因です。
患者さまの年齢や状況によって治療方針も変わります。
このまま様子をみるという場合もよくありますし、薬を使う場合もあります。

生理痛

鎮痛剤の他に、避妊も兼ねるようでしたら、ピルが非常に有効です。現在の低用量ピルは副作用も少なく安全です。保険の効かない治療もありますので、医師と相談の上、決定しましょう。

閉経を迎える50歳前後になると、だるさ、肩こり、頭痛など様々な症状がでてきます。
ホルモン補充療法(HRT)や漢方など、患者さんの病態に合わせた治療があります。
どうぞ、お気軽にご相談ください。

更年期(不眠・だるさ)

女性のからだは、毎月の月経を始め、思春期、妊娠・出産、更年期と、女性ホルモン分泌の影響を受けながら絶えず変化しています。女性ホルモン分泌の変化や喪失は、体調面だけでなく精神面にも影響を及ぼします。原因不明の月経痛、冷え、イライラ感、肩こりなどは、西洋医学では「不定愁訴」「自律神経失調症」などと分類され、治療しにくい、または治療の必要がない(気のせい?)とされがちでした。漢方治療は、こうした「不定愁訴」に効果を発揮します。基本的な考え方は、人が持っている病気を治す力(自然治癒力)を高めることです。一人ひとりの体質や病気の状態を見極めながら、最適な漢方薬を使い分けるので、同じ症状でも人によって処方が違うこともあります。

漢方処方

次のような症状でお悩みの方はお気軽にご相談下さい。 月経不順、更年期障害、肩こり、食欲不振、慢性疲労、腰痛、冷え症、不眠、便秘、肌の乾燥やかゆみ、ストレス、イライラ、ダイエットなど女性特有の病気や悩みを漢方でやわらげ、より健康で快適な生活を営むために、漢方を身近なものにしていきましょう。 妊娠中だけではなく、漢方のみの処方も行っています。


詳細はこちらをご覧ください→https://www.tsumura.co.jp/kampo/index.html

提携病院提携病院

診察時間のご案内 Information

診察時間
9:00 〜 12:00
14:00 〜 18:00 13:00-
15:00

休診日:日曜日・祝祭日※土曜午後は13:00〜15:00まで。

予約は不要です。お気軽にご来院ください。 089-924-3553

診察時間変更のお知らせ

詳細へ

アクセス Access

〒790-0821
愛媛県松山市木屋町1丁目5-14

駐車場などアクセス情報

詳細へ
武田産婦人科